乾燥肌対策には「セラミド」が重要

乾燥肌対策には化粧品が重要です。

女性の場合、毎日お肌に使うのが化粧品。

顔に塗るお化粧品から、化粧水・クリームなどなど、毎日沢山のものを顔に塗ります。

もしそれが、自分に合わない化粧品だったらどうでしょうか?

いくら健康に気をつけたり、食事に気をつけたりしても、直接顔につけるものが合わなければ、肌が荒れたり乾燥肌にもなってしまいますよね。

特に乾燥肌は対策が難しい肌トラブルです。

乾燥肌は、乾燥肌の本質を知って、適切な乾燥肌対策をしないと治りません。

肌表面の潤いよりも肌内部の潤い

乾燥肌に重要なのは肌表面よりも肌内部の潤いです。

乾燥肌は、目に見えて肌がカサカサするし、毛羽立ったりもするので、どうしても対応が肌表面にいきがちです。

保湿化粧水で保湿したり、保湿クリームで保湿したり。

肌表面を保湿することも大切なんだけど、それだけだと乾燥肌は治りません。

乾燥肌は肌内部の角質層の水分不足で起こります。

そのため、肌内部の角質層の水分不足を改善しない限り、いつまでも乾燥肌が治らないということです。

そして、肌内部の水分不足を改善させるために重要なのが「セラミド」という成分です。

セラミドが角質層内の水分と潤いを保ってくれる

セラミドは角質層内に存在して、水分を保持してくれる性質があります。

セラミドが水分を保持することで、角質層内が潤いで満たされて、肌表面もふっくらとしたみずみずしい肌が保たれるようになります。

セラミドは自然に作られるものではないので、化粧水などで角質層内に浸透させる必要があります。

そのために必要なのが、セラミドが配合された化粧水です。

乾燥肌を調べている人なら、セラミド配合の化粧水の存在は知っているかもしれませんね。

それほど有名で乾燥肌対策に効果があるのが「セラミド」の効果なんです。

セラミドは角質層内で長くとどまれない?

乾燥肌対策に欠かせないセラミドですが、実はひとつだけ欠点があります。

それは、セラミドは角質層内ですぐに消えてしまうということ。

角質層内で水分を留めておく効果は高いのですが、セラミド自体の効果がすぐに消えてしまうといった欠点があります。

角質層内に水分を長く保持しておくには、セラミドを長く保持させておく必要があります。

市販のセラミド配合の化粧水では、乾燥肌を治すためにセラミドが不足する場合があります。

セラミドを作り出す化粧水がある!?

セラミドはすぐに効果がなくなってしまいます。これはセラミドの性質上仕方ありません。

そのため、セラミドを長く留まらせるのではなく、セラミドを自らどんどん作り出して、結果としてセラミドを長く角質層内に満たす効果のある化粧水があります。

セラミドを角質層内で作り出す成分を角質層内に浸透させます。

この成分自体は角質層内に長く留まることができるので、角質層内でどんどんセラミドを作り出して、角質層内が水分で満たされます。

角質層内が水分で満たされている限り、肌表面もふっくらとしたハリのある肌が持続します。乾燥肌とは無縁の肌に生まれ変わります。

セラミドを作り出す化粧水は、下記サイトで詳細が紹介されています。

参考:ライスパワーNo.11の効果!米肌化粧水

乾燥肌が治れば、潤いのあるツルスベ肌になるし、化粧ノリも良くなって化粧の発色も良くなります。

カサカサが治るだけではなく、見た目の印象も明るく若く見えるようになるので、ぜひ上記サイトで紹介した化粧水を使って、乾燥肌を治してみてください。